2016年11月04日

保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起

保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、気を配って頂戴。では、保水力をもっと高めるには、どんな肌の保護を実践すれば良いのでしょうか?保水能力向上にお奨めのスキンケア方法は、血の巡りを良くする、美容によく効く成分を含む化粧品を使ってみる、洗顔の仕方に気をつけたらいう3方法です。


化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、もしその順番が間違っているなら、効果が得られないかも知れません。
洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えましょう。

美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)を使用するのは基本である化粧水の次に使いましょう。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。


肌にしっかり水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。



一番よく知られたコラーゲンの効能といえば、美肌効果であります。コラーゲンを摂取することで、体中のコラーゲンの代謝が活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。体内のコラーゲンが足りなくなることで肌が老化してしまう原因となるので、出来る限り若々しい肌で居続けるためにも積極的な摂取が必要です。最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性をまんなかに急増しているのをご存じですか?化粧水をつける前や後に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。

メイク落としや顔や体のマッサージをする際に使ってみるのもいいですね。

もちろん、日々の食事にとりいれるのもスキンケアにつながっちゃう優れもの。ただ、品質はとても重要ですのでこだわって選びたいですね。



乾燥した肌の時、肌の手入れが非常に大切なんです。


誤った肌のお手入れは症状を悪化させるので、適切な方法をわかっておきましょう。

まず、洗いすぎはタブーです。皮膚のてかりが気になるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌が潤いを失ってしまいます。

逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝1回夜1回で十分です。
posted by osusume-chan at 01:33| 酵素